詳細検索

検索条件を指定してください

「パワハラを受けたことがある」20代の3割 あしたメディア by BIGLOBE が「若年層の意識調査」第3弾を発表 ~若年層の過半数「ハラスメントなどの問題提起を面倒に感じたことがない」~

「パワハラを受けたことがある」20代の3割 あしたメディア by BIGLOBE が「若年層の意識調査」第3弾を発表 ~若年層の過半数「ハラスメントなどの問題提起を面倒に感じたことがない」~

@Press

2022.10.05
BIGLOBEプレスルーム
https://www.biglobe.co.jp/pressroom/info/2022/10/221005-1


BIGLOBEは社会を前進させる情報発信を行うオウンドメディア「あしたメディア by BIGLOBE」にて、主に若年層を対象とした意識調査を実施しました。本日、第3弾として「ハラスメントや性加害」に関する調査結果を発表します。
本調査は、全国の18歳から69歳までの男女1,000人(内:18歳から29歳まで(若年層)600人、30代~60代400人)を対象にアンケート形式で実施しました。調査日は2022年9月8日~9月9日、調査方法はインターネット調査です。


「あしたメディア by BIGLOBE」ロゴ

「あしたメディア by BIGLOBE」(URL: https://ashita.biglobe.co.jp/ )は、国内最大級のインターネット接続事業を提供するビッグローブ株式会社が運営するオウンドメディアです。コンセプトである「社会を前進させる情報発信」を通じて、現代社会が抱える課題を浮き彫りにし、改善のヒントを提示して、社会課題の解決に寄与することを目的としています。社会課題の改善は、一企業の取り組みで達成されるものではなく、社会全体への働きかけが重要だと考えています。よって、本メディアは、企業によるオウンドメディアではありますが、自社事業の訴求にとらわれず、人々が生きやすくなるための価値ある取り組みなどを広く柔軟に紹介しています。


【調査結果詳細】
1. 「パワハラを受けたことがある」20代の3割
全国の18歳から69歳までの男女1,000人に、「パワハラを受けたことがあるか(自身の経験で思い当たるもの)」を質問したところ、20代では「あてはまる」(14.2%)、「ややあてはまる」(14.6%)をあわせて3割が「パワハラを受けたことがある」という結果に。40代、50代は「あてはまる」、「ややあてはまる」と回答した割合が4割強と年代別では多かった。

男女別では、10代~20代の若年層では、男女差はあまり見られなかったが、30代~60代では女性の方が「パワハラを受けたことがある」と回答した割合が高かった。


パワハラを受けたことがある(年代別)

パワハラを受けたことがある(男女別)

2. 「セクハラを受けたことがある」若年層の女性2割強、30代~60代女性は4割
全国の18歳から69歳までの男女1,000人に、「セクハラを受けたことがあるか(自身の経験で思い当たるもの)」を質問したところ、20代では「あてはまる」(8%)、「ややあてはまる」(12.2%)をあわせて2割が「セクハラを受けたことがある」という結果に。30代は「あてはまる」(19%)、「ややあてはまる」(11%)をあわせ3割と年代別では多かった。

男女別では、10代~20代の若年層では、男性が「あてはまる」(4.3%)、「ややあてはまる」(9.3%)をあわせ1割強。女性は「あてはまる」(10.7%)、「ややあてはまる」(13%)をあわせ、若年層の女性の2割強が「セクハラを受けたことがある」という結果に。
30代~60代では、女性は「あてはまる」(20%)、「ややあてはまる」(18%)をあわせて4割にのぼった。男性は「あてはまる」(5%)、「ややあてはまる」(5.5%)をあわせ1割と、女性と男性で差がみられた。


セクハラを受けたことがある(年代別)

セクハラを受けたことがある(男女別)

さらに、全国の18歳から69歳までの男女1,000人に、「自身の意思に反した性行為をされたことがあるか(自身の経験で思い当たるもの)」を質問したところ、20代では「あてはまる」(6.6%)、「ややあてはまる」(11.6%)をあわせて2割弱が「自身の意思に反した性行為をされたことがある」という結果に。年代別では30代が、「あてはまる」(8%)、「ややあてはまる」(17%)をあわせた割合が最も多かった。

男女別では、10代~20代の若年層では、男性が「あてはまる」(4%)、「ややあてはまる」(12.3%)と回答。女性も「あてはまる」(8.7%)、「ややあてはまる」(9.3%)をあわせ2割弱が「自身の意思に反した性行為をされたことがある」という結果となった。
30代~60代では、女性は「あてはまる」(9.5%)、「ややあてはまる」(12.5%)をあわせて2割となった一方、男性は「あてはまる」(1.5%)、「ややあてはまる」(6%)と、女性と男性で差がみられた。


自身の意思に反した性行為をされたことがある(年代別)

自身の意思に反した性行為をされたことがある(男女別)

3. 「モラハラを受けたことがある」20代の2割強
全国の18歳から69歳までの男女1,000人に、「モラハラを受けたことがあるか(自身の経験で思い当たるもの)」を質問したところ、20代では「あてはまる」(11%)、「ややあてはまる」(12.8%)をあわせて2割強が「モラハラを受けたことがある」という結果に。
年代別では、30代で「あてはまる」(17%)、「ややあてはまる」(18%)、40代で「あてはまる」(12%)、「ややあてはまる」(22%)と、「モラハラを受けたことがある」と回答した割合が多い結果となった。
男女別では、10代~20代の若年層では、男女差はあまり見られなかったが、30代~60代では女性は「あてはまる」(16.5%)、「ややあてはまる」(18%)が3割強となり「モラハラを受けたことがある」と回答した割合が男性より高かった。


モラハラを受けたことがある(年代別)

モラハラを受けたことがある(男女別)

4. 「ハラスメントや性加害、いじめを見かけても止められなかった」10代~50代の約3割
全国の18歳から69歳までの男女1,000人に、「ハラスメントや性加害、いじめを見かけても止められなかったことがあるか(自身の経験で思い当たるもの)」を質問したところ、10代では「あてはまる」(5%)、「ややあてはまる」(21%)、20代は「あてはまる」(8.6%)、「ややあてはまる」(17.2%)と回答。30代~50代の各年代も「あてはまる」、「ややあてはまる」をあわせ約3割が「ハラスメントや性加害、いじめを見かけても止められなかったことがある」という結果となった。

画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/329064/LL_img_329064_10.png
ハラスメントなどを止められなかったことがある

さらに、全国の18歳から69歳までの男女1,000人に、「問題意識が低く、ハラスメントや性加害などを認識できていないことがあるか(自身の経験で思い当たるもの)」を質問したところ、10代では「あてはまる」(5%)、「ややあてはまる」(11%)、20代は「あてはまる」(7.4%)、「ややあてはまる」(11.8%)をあわせ2割弱が「問題意識が低く、ハラスメントや性加害などを認識できていないことがある」という結果に。
年代別では、30代が「あてはまる」(5%)、「ややあてはまる」(19%)と「問題意識が低く、ハラスメントや性加害などを認識できていないことがある」と回答した人が最も多かった。

画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/329064/LL_img_329064_11.png
ハラスメントなどを認識できていないことがある

5. 若年層の過半数「ハラスメントなどの問題提起を面倒に感じたことがない」
全国の18歳から69歳までの男女1,000人に、「ハラスメントなどの問題提起を面倒に感じたことがあるか(自身の経験で思い当たるもの)」を質問したところ、「あてはまらない」と回答した割合は10代~20代の若年層が高く、10代で63%、20代では54.2%と、いずれも半数を超える結果に。
一方、30代、40代では、「あてはまる」「ややあてはまる」と回答した割合が3割を超え、他の年代よりも「ハラスメントなどの問題提起を面倒に感じたことがある」という人が多い結果となった。

画像12: https://www.atpress.ne.jp/releases/329064/LL_img_329064_12.png
ハラスメントなどの問題提起を面倒に感じたことがある

※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合があります。


■調査概要
・調査名 :「あしたメディア by BIGLOBE」若年層の意識調査
・調査対象:全国の18歳から69歳までの男女1,000人
・調査方法:インターネット調査
・調査期間:2022年9月8日~9月9日


BIGLOBEでは、社会を前進させるための情報発信をおこなうオウンドメディア「あしたメディア by BIGLOBE」にて、社会が直面している課題と解決に向けた動きを提示しています。今後も、若年層向けの調査を行ってまいります。
https://ashita.biglobe.co.jp/


※記載されている会社名および商品名は各社の登録商標または商標です。


<本件に関するお客さまからのお問い合わせ先>
BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスク
電話:0120-86-0962(通話料無料)
携帯電話、IP電話の場合
電話:03-6385-0962(通話料お客さま負担)
https://support.biglobe.ne.jp/ask/

※BIGLOBEのニュースリリースは https://www.biglobe.co.jp/pressroom からご覧になれます。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
おすすめ記事

大人の女性に向けた工夫がいっぱい!「クツワの機能手帳」2023年度版を発売

学童文具・生活雑貨メーカーのクツワ株式会社(大阪府東大阪市)が長年展開する、大人の女性に向けた工夫がいっぱいの2023年度手帳を8月下旬より発売します。 大人の女性に大人気の「クツワ手帳」 忙しい毎日を過ごす大人の女性は、ライフスタイルも様々です。 1人でも多くの女性に、ぴったりと感じてもらえるよう、

@Press

#ライフスタイル

アロマ調香デザイナー 齋藤智子さん直伝! 香りの楽しみ方&おすすめアロマアイテム Qoo10で人気の「ディフューザー」販売ランキングも発表

 インターネット総合ショッピングモール「Qoo10」を運営するeBay Japan合同会社(本社:東京都港区、代表取締役:グ ジャヒョン)は、環境の変化が多いこの時期に、アロマ調香デザイナーの齋藤智子さんにお話を伺い、Qoo10で購入可能なおすすめのアロマアイテムや初心者でも始めやすいお部屋での香りの取り入れ方を紹介しま

valuepress

#ライフスタイル

結婚・出産・転勤帯同などでキャリア断絶した女性の再就職加速には「リターンシップ」実施環境整備が急務

株式会社ノヴィータ(所在地:東京都港区、代表取締役社長:三好 怜子、以下 ノヴィータ、 https://www.novitanet.com/ )は、職歴にブランクがある女性人材を採用する「企業側」、採用される「個人(職歴にブランクがある女性)側」それぞれに調査を実施。調査の結果をもとに、リターンシッププログラムを活用したマッチング支

@Press

#ライフスタイル

大人向けのキャラクターマスク「miffyトーンアップマスク 30枚入りBOXマスク」を2022年7月上旬に発売!

日本マスク(R)のブランドで、マスクを企画・製造・販売している横井定株式会社(所在地:愛知県名古屋市、代表取締役:横井 昭)は、大人向けのキャラクターマスク。「miffyトーンアップマスク 30枚入りBOXマスク」を2022年7月上旬より販売を開始いたします。 外箱全体 カラーマスク×ミッフィーデザインが特徴のこち

@Press

#ライフスタイル

災害大国日本の「女性のほんの少しの意識から、全国の意識を変えたい」 日本防災女子株式会社と美術学校の生徒による女性防災セット99販売開始!

度重なる震災や豪雨災害の備えとして、創形美術学校(東京都豊島区)と都内の中小企業向けにBCP関連事業を営む日本防災女子株式会社(東京都豊島区、代表取締役:堀口 富美子)が共同でデザインした防災グッズ収納袋に入った、女性目線で備える防災グッズの販売を2022年7月25日(月)に開始します。 女性防災3点セット 地

@Press

#ライフスタイル

ライフスタイル人気ランキング
トレンドキーワード

SPECIAL

#お知らせ

iOSアプリリリースのお知らせ

uniB編集部

#お知らせ

おためし新商品ナビ様RSS連携開始のお知らせ

uniB編集部

#お知らせ

Androidアプリリリースのお知らせ

uniB編集部